なぜ『アルファ』なんですか?

 古代チグリス川、ユーフラテス川はその川の間にメソポタミア文明を築き上げました。『メソポテーミア=川と川に挟まれた文明の栄える地』 ・・・・・。

 千葉県野田市は、東に流域面積日本一を誇る、坂東太郎『利根川』、西に首都東京を支える『江戸川』、 そして、それをつなぐ、産業の水運、『利根運河』に囲まれています。わたしたちの町は、これらの川の恩恵を受け、古くから産業が発達し、特に醤油(しょうゆ)産業は世界的にも有名な街です。

 その野田市は、バドミントンが盛んな土地です。特にレディース、そして女子小学生の間では、競技人口も多く人気のあるスポーツです。その町から、世界に羽ばたく選手を育てようと、高校、中学校、そして小学生、一般社会人まで含んで大きなネットワークを築きました(平成9年)。そして、わたしたちはこのバドミントンのネットワークに、3本の川に挟まれた、アルファベットの『A』をとって『α』(アルファ)の名を付けました。

 現在、西武台千葉高等学校バドミントン部並びに西武台千葉中学校バドミントン部を中心に多くのチームとの練習会を行ったり、交流会を開き、選手が集いあっています。いつの日か、この町から国際舞台で活躍できる選手が生まれることを夢見ています。

 田舎町からの挑戦です!

ロゴマーク

「青が江戸川・黄が利根川・緑は利根運河・赤はチーム」

緑色の三角形は「江戸川」を表しています。そしてそれは『落ち着き』と何にも揺れ動かない『バランスのとれた心』を象徴しています。
青の三角形は「利根運河」で『冷静な決断』を意味し、右に流れる黄色い三角は「利根川」で『光』と『明るさ』『楽しさ』を表しています。
それらをつなぐ左下の赤い半円はアルファバドミントンネットワークの『情熱』『エネルギー』を表現しました。

部旗