折々のことば

大会
萌葱色(もえぎいろ)

 山々の入りくんだ肌がそれぞれの萌葱色(もえぎいろ)に輝かせ、気持ちのいい風が顔をなでてくれる。「風薫る」とはピッタリな表現だと思った。  ひと月ほど前に義母を亡くし、その関係で信州に足を運ぶ機会が増えた。あの笑顔とやさ […]

続きを読む
Voice Of Seibudai
春夏秋冬-竹澤劇場の幕が上がる-

 気温の乱高下を繰り返しながら確実にあたたかな春に向かっている。桜の便りもそろそろだろうか。  今期の『春が来た』がにぎやかに、そして感動的に終わった。文集より私のものを再掲する。      -春- 『希望』の光がまっす […]

続きを読む
情報
バタフライエフェクト

 謹んで新春のお慶びを申しあげます。  新年早々の災害、惨事に見舞われた方々には心からお見舞いを申し上げます。  そんな時にのん気に正月気分で書きだすことをお許し願いたい。  録りためていた番組の中から『映像の世紀』を観 […]

続きを読む
情報
学ぶ・伝わる・夢がかなう

 残暑はいつまで続くのか・・・と思いながら、あちらこちらと大会ツアーで出ていたら、国体で訪れた鹿児島で、今シーズン初めての沈丁花フレグランスシャワーを浴びた。竹澤劇場最終幕の鮮やかな思い出に秋の香りを添えてくれたようだっ […]

続きを読む
情報
知って、わかって、できるまで

【長く湿った季節】というイメージは今の梅雨には合わない気がする。雨が降るたびに、そしてニュースで『線状降水帯』という言葉を耳にするたびに、最悪のシナリオまで想像してしまうくらい今の梅雨は怖い。  その梅雨が終わろうとして […]

続きを読む
大会
開演のベルが鳴る

 さあこれからどんどん暑くなるぞ!と思えば寒くなり、穏やかな日差しなのに風が吹き荒れたり、落ち着かないまま黄金週間に入った。  関東大会の県予選が終わった。男子は痛恨のエラーが重なり、連続出場が途絶えた。しかし復活の狼煙 […]

続きを読む
情報
イ・ト

  週末「春が来た2023」が行われた。多くの皆様にお越しいただき、盛大に、そして笑いあり涙ありのひとときを味わった。 企画、そして準備作業からおもてなしまでのご協力をいただいた関係の皆様に改めて御礼を申し上げます。 そ […]

続きを読む
Voice Of Seibudai
月・木・金

 心もち日が長くなった気がする。  先週の水曜日、体育館を出ると西の空がまだうっすらと明るかった。「ワーッ、きれい!」と選手が思わず声に出す。それほど澄み切ったブルーの空に輝く星が神秘的だった。下から三日月、金星、そして […]

続きを読む
情報
夜明けのまなざし

 10年ぶりの寒波だという。練習帰りのフロントガラスにチラチラ白い粉が舞っていた。「そうだ!Yahooの『今の天気はどうですか?』をクリックしよう」と、帰宅後意気揚々とサイトを開く。するともうすでに15人が「雪ですよ!」 […]

続きを読む
大会
ラケット青年団

 空が(雲が)高くなったなぁ、と上を向くとキンモクセイの香りがする。どこからだろうと今度は周りをキョロキョロしていた。いい季節だ。国体で栃木県の北部に行くと、那須おろしに吹かれ、急に冬に近づいた。  まさか、私が・・・、 […]

続きを読む